◆マザーテレサ・ボランティアで知るインド体験! 
◆素敵な旅をコーディネイトするFUKUMURO MANAMI HOLYDAYS

お問い合わせ先会社概要リンク

<前へ| [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] |次へ>

インド視察旅行 2日目 コルカタ

昨日深夜到着のため、疲れており朝は寝坊しまい・・ホストマザーにもう迎えが来ているから早くしたくしなさい!と急いで用意をする。

お化粧する必要もないのだが、すっぴんのままマザーハウスへ。

マザーハウスへ到着後に、あー久しぶり!!とうれしくて思わず心の中で叫んでいた。


ボランティアが朝集まる部屋には、ヨーロピアンと日本人が半分半分くらいで、おそらく40人くらいいた。

今回は10日間の予定でボランティアだけではなく、インド観光地も視察のためボランティアは1日だけの予定だったので1日だけのDAYPASSをもらうことに。(1日だけの人はデイパスをもらうとその日の午前中からできる)
チャイとバナナとパンが食べられるのだが、ボランティアにきているのでそのパンとバナナは是非施設の子供たちの為に・・と私はいつも思ってしまう。

やはり日本人同士で固まっているなーーと思いながら一人でふらふら、シスターに 希望の施設をいうが最初はダメと言われたが、どうしてもやりたいと伝えて 希望のダヤダーンにしてもらった。

マザーハウスではみんなでお祈りをしてから行くのだが、その日には丁度長期にやっていた人がlast day だったらしく本日最後の人にみんなで歌をプレゼントすることになっているようだ。そこでシスターにあなたも今日1日だから、そこに立ちなさいと言われて
まだボランティアもしていないのに、大勢の前ですっぴんをさらす事になる。。

その公開処刑も終わり、マザーハウスからダヤダーンへ。
ダヤダーンという施設は、ハンディキャップを持っている子供たちの3階へボランティアする事にした。

ベットのシーツを変えたり、床を磨いたり、子どもたちに御飯をあげたりなど活動をした。
子供たちはみんなとってもかわいくて、髪の毛をぐちゃぐちゃにされながらも楽しい時間をすごした。

そこでギター片手に歌っている少女がいて、なんだーと思ったらこの施設の歌を作詞・作曲したとのこと。感動して、聞かせてもらった。うるうる。彼女の目はとてもすきとおっていて奇麗だったな。去年にボランティアにきて、曲を作ったらしいのだが自信がなくて歌えなかったそうだ。それでリベンジで今回は歌えたそうで、とっても良い顔をしていた!
彼女からパワーをいただき、それから何度か町で会ってアドレスを交換した。帰国すると彼女からエアーメールが届いていて感動!インドに行かなければ絶対に会えなかっただとうと色々不思議に思いながら出会いに感謝して、また会えたらいいなと思う。
午前中にてボランティア終了して、その後はコルカタ市内の視察とドミトリーの視察をしに行った。ボランティアの人は長期滞在も多いため安宿に泊まる人が多い。女子も男子も・・。ピンキリだが1泊500円程度で泊まれるところがいくつもある。

はっきり言ってきたない。。私は正直無理だなと思うけどチャレンジしたい人はどうぞ。
衛生面が良くないうえに、ボランティアで体力も消耗しているためかなりお勧めはできません。せっかくボランティアに来ているのに、どっちかというとボランティアされなくては行けないレベルまで下げて生活をしている日本人が多くて少し心配になりました。
いろいろな日本人にきいたら、暇な時間は音楽聴いたり本読んだり、外に出ないそうです。。。うーーん、もっとインドにきたらインド人と交流したほうが面白いのにな。
改めてホームステイ滞在の魅力を感じさせられました。ホームステイで滞在している人はインド人家庭の文化も学べますし、インドの家庭料理も食べれるので本当にギャップもありますがインドならではの滞在ができています。
いろいろな目的で来ているので滞在方法は自由ですが、ぜひ短期間でもよいのでホームステイをお勧めします!
さて、そんなこんなで手配しているホームステイ先のファミリーをすべて回ってきました。。

全部の家でチャイと変なお菓子が出される。。チーズを作る前に出たカスみたいなのをシロップでつけたおかし。食感はスポンジみたいな感じでそこからジュワーと甘いシロップが出てくる感じ。はっきり言って嫌いな味だがら、出されて食べないわけにはいかないので毎回、おいしい!といって、一口でチャイで流し込み・・。最後の最後ではポテトチップスができてきたので安心した。

全部のホストファミリーを回ると夜の9時くらいになっていて、疲れてホストファミリー宅へもどる。そこでも大量のごはんを出されて満腹に。今日一日何食食べたのか・・。
しかも緊張しているのか下痢になるどころか便秘で苦しい・・。インドの食生活はあんまり食物繊維はないのかもしれないが、慣れない環境ではやはり体調はおかしくなる。
しかしながら、便秘以外はかなり元気なのでよかった。

でもインド料理はとってもおいしい。特に豆カレーをリスペクトしておりおかわりもしちゃうかんじだ。

明日も早朝のミサに参加するために、5時起きだ、、

3日目続く

<前へ| [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] |次へ>

 

マザーテレサボランティア体験の
お問い合わせ、 資料請求は こちらへ。

<お問い合わせフォーム> / <メール>

▲Topに戻る

個人情報の取り扱いについて
プログラムに関してのご質問など、お気軽にお問い合わせくださいませ。
メールアドレス m_fukumuro@motyjeel.net

担当:福室まなみ